美術館の概要 施設紹介 展覧会案内 イベント 利用案内 出版物 交通アクセス デジタル
ミュージアム

和泉市久保惣記念美術館

平成29年度の展覧会予定は以下の通りです。(展示内容を変更する場合があります。)
なお、展覧会終了後は、展示替えのための休館期間がありますので、ご注意ください。年間展示カレンダーもご参照ください。
  平成29年度年間展示カレンダー

平成28年度展覧会案内
●平成29年度 展覧会案内

開館35周年記念特別陳列
刻(とき)の玉手箱

- 久保惣コレクションのその時 -


平成29年4月8日(土)〜5月28日(日)

常設展 墨の書画

- 日本と中国の筆技 -


平成29年6月10日(土)〜7月23日(日)

常設展 北斎の富士

- 冨嶽三十六景と東海道 -


平成29年8月5日(土)〜9月24日(日)

開館35周年記念特別展
ピカソと日本美術

- 線描の魅力 -


平成29年10月15日(日)〜12月3日(日)

常設展 中国の神々と神獣

- 拓本と青銅鏡 -


平成29年12月16日(土)〜12月24日(日)、
平成30年1月5日(金)〜1月28日(日)

常設展 四季をめぐる

- 源氏絵とともに -


平成30年2月10日(土)〜3月25日(日)

●新館の平常陳列は、上記展覧会とあわせてご覧いただけます。

新館 平常陳列

中国の工芸品

中国の古代から近世にかけての青銅器の工芸品等を約150点展示。

西洋近代美術

19~20世紀のモネ、ルノワール等の絵画、ロダンの彫刻、および西洋の古地図を展示。

開館35周年記念特別陳列 刻(とき)の玉手箱 
- 久保惣コレクションのその時 -

平成29年4月8日(土)〜5月28日(日)

制作された時や、作品の中に表される「刻、時間」を切り口にして国宝・重要文化財を中心に所蔵品の中から約40点を展示します。歴史的な場面を描いた作品や劇的な瞬間を表現した作品、制作年や伝来が明らかな作品などを取り上げます。躍動する場面や一瞬の緊張感を巧みに表現した作品を鑑賞いただくとともに、国宝や重要文化財が備えている歴史も感じていただける展覧会です。
展示予定主要作品
国宝 青磁(せいじ) 鳳凰耳花生(ほうおうみみはないけ) 銘万声(めいばんせい) 中国・南宋時代
重文 頌古(じゅこ) 一山一寧(いっさんいちねい)筆 鎌倉時代
重文 山王霊験記絵巻(さんのうれいげんきえまき) 室町時代
重文 枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず) 宮本武蔵(みやもとむさし)筆 江戸時代
華厳経巻第八(けごんきょうかんだいはち)(二月堂焼経(にがつどうやけきょう)) 奈良時代


重要文化財 駒競行幸絵巻(部分)
重要文化財 駒競行幸絵巻(部分)


常設展  墨の書画  - 日本と中国の筆技 -

平成29年6月10日(土)〜7月23日(日)
所蔵品の中から、墨を用いて制作された日本と中国の書画を展示します。日本の作品は、奈良〜平安時代の写経、平安〜鎌倉時代の古筆と墨蹟、桃山時代の書状、江戸時代の一行書など、中国の作品は、元時代の墨蹟と、明時代から近代に制作された書と墨画を展示し、多様な書風と豊かな墨色の世界をご覧いただきます。
展示予定主要作品
重文 貫之集下断簡(つらゆきしゅうげだんかん) 石山切(いしやまぎれ) 平安時代
古今和歌集巻第一断簡(こきんわかしゅうかんだいいちだんかん)(右衛門切(うえもんぎれ)) 伝寂蓮(じゃくれん)筆 平安時代
重文 墨蹟(ぼくせき) 法語(ほうご) 円爾(えんに)筆 鎌倉時代
書状(しょじょう) 千利休(せんのりきゅう)筆 桃山時代
行書(ぎょうしょ) 梅𢒞詩(ばいかんし) 呉昌碩(ごしょうせき)筆 中国・清〜中華民国時代
行書(ぎょうしょ) 聯(れん) 張大千(ちょうだいせん)筆 中国・1979年


晴嵐湿翠図(右)・仿梅道人山水図(左) 金𢒞筆
晴嵐湿翠図(右)・仿梅道人山水図(左) 金𢒞筆


常設展  北斎の富士  - 冨嶽三十六景と東海道 -
平成29年8月5日(土)〜9月24日(日)

浮世絵版画のコレクションである第四次久保惣コレクションの中から、葛飾北斎が描いた富士山をテーマとした作品を中心にご覧頂く展覧会です。富士山をさまざまな視点で描いた富嶽三十六景に加え、東海道の風景を描いた北斎の作品もあわせて陳列します。北斎の豊かな発想力から生み出された風景画をお楽しみください。

展示予定主要作品

冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)  葛飾北斎(かつしかほくさい)筆

江戸時代

春興五十三駄之内(しゅんきょうごじゅうさんだのうち) 原(はら)  葛飾北斎(かつしかほくさい)筆

江戸時代

東海道名所一覧(とうかいどうめいしょいちらん)  葛飾北斎(かつしかほくさい)筆

江戸時代

絵本駅路鈴(えほんえきろのすず)  葛飾北斎(かつしかほくさい)筆

江戸時代

富嶽百景(ふがくひゃっけい)  葛飾北斎(かつしかほくさい)筆

江戸時代


冨嶽三十六景 山下白雨 葛飾北斎筆
冨嶽三十六景 山下白雨 葛飾北斎筆


開館35周年記念特別展
 ピカソと日本美術 - 線描の魅力 -

平成29年10月15日(日)〜12月3日(日)

美術館のコレクションの基礎をなす日本美術の名品とともに、日本全国から集めたパブロ・ピカソ作品を展示し、両者の持つそれぞれの魅力を「線」に着目して引き出す展覧会を開催します。東洋と西洋の美術における線描の意味、それぞれの性質の違いや似通っている点を、なじみのあるピカソの作品を入り口として学ぶとともに、当館が所蔵する日本美術の優品の新たな魅力を知り、広く美術に親しんでいただく展覧会です。
展示予定主要作品
重文 駿牛図(すんぎゅうず) 鎌倉時代 五島美術館蔵
当時三美人(とうじさんびじん) 喜多川歌麿(きたがわうたまろ)筆 江戸時代 和泉市久保惣記念美術館蔵
ビュフォン『博物誌(はくぶつし)』 パブロ・ピカソ フランス・1942年 国立西洋美術館蔵
女の顔 パブロ・ピカソ フランス・1923年 ブリヂストン美術館蔵
赤い枕で眠る女 パブロ・ピカソ フランス・1939年 徳島県立近代美術館蔵


当時三美人 喜多川歌麿筆
当時三美人 喜多川歌麿筆


常設展 中国の神々と神獣 - 拓本と青銅鏡 -
平成29年12月16日(土)〜12月24日(日)、
平成30年1月5日(金)〜1月28日(日)
美術館が所蔵する戦国時代(紀元前475年〜紀元前221年)から後漢時代(西暦25年〜220年)の作品を中心に、神や神獣の図像を表した画像石の拓本や青銅鏡を陳列します。古代において尊崇されていた天上の神々や龍などの神獣の図像は、壁画に彫刻されたり工芸品の装飾に取り入れたりなど、高貴な意義をもつ意匠として多用され、古代の中国美術を見る上で欠かすことのできない豊富な内容を持っています。大画面の迫力ある拓本と緻密な文様を具えた青銅鏡から、古代中国の人々の造形力と美をご鑑賞ください。
展示予定主要作品
武氏祠画像石(ぶししがぞうせき) 拓本(たくほん) 中国・後漢時代(拓本は現代)
青銅(せいどう)龍文鏡(りゅうもんきょう) 中国・戦国時代
青銅(せいどう) 仙人神獣文鏡(せんにんしんじゅうもんきょう) 中国・前漢時代
青銅(せいどう)「王氏作(おうしさく)」 方格規矩四神神獣文鏡(ほうかくきくししんしんじゅうもんきょう) 中国・後漢時代
青銅(せいどう) 東王父西王母辟邪車馬画像鏡(とうおうふせいおうぼへきじゃしゃばがぞうきょう) 中国・後漢時代
重文 青銅(せいどう)「建武五年(けんむごねん)」半円方格重列神獣文画像鏡(はんえんほうかくじゅうれつしんじゅうもんがぞうきょう) 中国・南北朝時代(南斉・建武5年[498年])


青銅 仙人神獣文鏡(部分)
青銅 仙人神獣文鏡(部分)


常設展 四季をめぐる - 源氏絵とともに -
平成30年2月10日(土)〜3月25日(日)
所蔵品の中から、四季をテーマとして制作された絵画作品を選び紹介します。重要文化財「源氏物語手鑑」は、桃山時代の土佐派を代表する土佐光吉が描いた絵と、12名の公家が分担執筆した詞、各80枚からなる作品です。例年は物語の章段順に展示していますが、今回は初の試みとして、春・夏・秋・冬、それぞれの季節が描かれている場面を選び、季節ごとにわけて展示します。そのほか、江戸時代の屏風絵や浮世絵作品と合わせて、日本の四季を楽しんでいただける展覧会です。
展示予定主要作品
重文 源氏物語手鑑(げんじものがたりてかがみ) 土佐光吉(とさみつよし)筆 慶長17年(1612年)
四季図(しきず) 歌川広重(うたがわひろしげ)筆 江戸時代
洛中洛外図屏風(らくちゅうらくがいずびょうぶ) 江戸時代
浪花十二景(なにわじゅうにけい) 江戸時代


重要文化財 源氏物語手鑑 若紫 土佐光吉筆
重要文化財 源氏物語手鑑 若紫 土佐光吉筆