美術館の概要 施設紹介 展覧会案内 イベント 利用案内 出版物 交通アクセス デジタル
ミュージアム

和泉市久保惣記念美術館

平成26年度の展覧会予定は以下の通りです。(展示内容を変更する場合があります。)
なお、展覧会終了後は、展示替えのための休館期間がありますので、ご注意ください。年間展示カレンダーもご参照ください。
  平成26年度年間展示カレンダー

平成25年度展覧会案内
●平成26年度 展覧会案内

特別陳列 久保惣コレクション名品撰

- 美術館の国宝・重文 -


4月8日(火)~5月25日(日)

常設展 中国陶磁器

- 館蔵コレクションから -


6月7日(土)~7月27日(日)

常設展 広重の東海道

- 十二種類の五十三次 -


8月9日(土)~9月23日(火・祝)

特別展 微の美術

- 日本・中国の小ささと緻密さの造形 -


10月10日(金)~11月30日(日)

常設展 茶のもてなし

- 茶の湯と茶室 -


平成26年12月12日(金)~25日(木)
平成27年1月6日(火)~25日(日)

常設展 物語の情景

- 源氏・伊勢・和泉式部 -


2月7日(土)~3月29日(日)

●新館の平常陳列は、上記展覧会とあわせてご覧いただけます。

新館 平常陳列

中国の工芸品

中国の古代から近世にかけての青銅器、陶磁器、玉器等を約150点展示。

西洋近代美術

19~20世紀のモネ、ルノワール等の絵画、ロダンの彫刻、および西洋の古地図を展示。

特別陳列 久保惣コレクション名品撰 - 美術館の国宝・重文 -

4月8日(火)~5月25日(日)
※前期4月8日(火)~4月27日(日)
    後期4月29日(火・祝)~5月25日(日)

久保惣コレクションの中から、国宝、重要文化財を中心に、日本と中国の書画、工芸品など名品約40点を前期、後期に分けて展示します。本館の新展示室では、平成20年度以降に当館が新規購入した西洋の版画の中から、ゴヤ、ピカソ、藤田嗣治など、19~20世紀のエッチングやリトグラフを陳列します。新館で常時展示するモネやルノワールなど、同時代の油彩画とあわせてご覧ください。
展示予定主要作品
国宝 歌仙歌合
(かせんうたあわせ)
平安時代 前期展示
国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声
(せいじ ほうおうみみはないけ めいばんせい)
中国・南宋時代 全期間展示
重文 駒競行幸絵巻
(こまくらべぎょうこうえまき)
鎌倉時代 後期展示
重文 鍾馗図
(しょうきず)
中国・元時代 前期展示
重文 枯木鳴鵙図 宮本武蔵筆
(こぼくめいげきず みやもとむさし)
江戸時代 後期展示
  マルセル・ランデ嬢、胸像 トゥールーズ=ロートレック フランス・1895年 全期間展示
  座る女 パブロ・ピカソ フランス・1947年 全期間展示


法華経巻第二謦喩品第三および信解品第四(部分)
法華経巻第二謦喩品第三および信解品第四(部分)<前期展示>


常設展 中国陶磁器 - 館蔵コレクションから -

6月7日(土)~7月27日(日)
当館が所蔵する中国陶磁器を特集します。「国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声」をはじめとする第一次久保惣コレクションの作品、および開館後に加わった第二次、第三次久保惣コレクション等の作品から約90点を陳列します。新石器時代の土器、唐時代の三彩、宋~元時代の青磁、明~清時代の絵付け磁器など、中国の多様なやきものをご鑑賞ください。
展示予定主要作品
  彩陶 円文双耳壺
(さいとう えんもんそうじこ)
新石器時代
  三彩 壺
(さんさい こ)
唐時代
  白釉 面盆
(はくゆう めんぼん)
北宋時代
国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声
(せいじ ほうおうみみはないけ めいばんせい)
南宋時代
  青花粉彩 器玩図碗
(せいかふんさい きがんずわん)

清時代



国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声
(国宝) 青磁 鳳凰耳花生 銘万声


常設展 広重の東海道 - 十二種類の五十三次 -

8月9日(土)~9月23日(火・祝)
歌川広重は、もっともよく知られている「東海道五十三次 保永堂版」以外にも、いくつかの東海道五十三次のシリーズを制作しています。第四次久保惣コレクションと今年度購入作品を合わせると、当館収蔵の歌川広重が制作した東海道五十三次のシリーズは十二種類を数えます。本展では十二種類の東海道シリーズから主だった作品を陳列します。江戸の日本橋から京の内裏まで、東海道の風景を旅する感覚でお楽しみください。
展示予定主要作品

東海道五十三次 保永堂版 歌川広重筆 
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ほえいどうばん うたがわひろしげ)

江戸時代

東海道五十三次 保永堂版 歌川広重筆 
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ほえいどうばん うたがわひろしげ)

江戸時代

東海道五十三次之内(行書東海道) 歌川広重筆 
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ぎょうしょとうかいどう うたがわひろしげ)

江戸時代

東海道(隷書東海道) 歌川広重筆 
(とうかいどう れいしょとうかいどう うたがわひろしげ)

江戸時代

五十三次名所図会(竪絵東海道) 歌川広重筆 
(ごじゅうさんつぎめいしょずえ たてえとうかいどう うたがわひろしげ)

江戸時代


東海道五十三次 保永堂版 庄野白雨 歌川広重筆
東海道五十三次 保永堂版 庄野白雨 歌川広重筆


特別展 微の美術 - 日本・中国の小ささと緻密さの造形 -

10月10日(金)~11月30日(日)

日本、中国で作られた小さな作品や緻密な造形の作品を紹介します。小さなものに緻密な造形を施した作品は、古くから珍重され、愛好されてきました。江戸時代の根付や目貫、旅する修行僧が携帯した小型の仏具、蒔絵や陶磁製の香合などの工芸品、小型の絵巻や経巻などの書画、緻密な描写の小さな銅版画など多様な作品を、国内の博物館施設等からの出陳をいただき館蔵品も加え陳列を行います。小さな造形についての特質や趣向を探るとともに、小さな作品の驚くべき技巧をご鑑賞ください。
展示予定主要作品
狗子形目貫
(くしがためぬき)
江戸時代 和泉市久保惣記念美術館蔵
玻璃描画 扇面図鼻煙壺
(はりびょうが せんめんずびえんこ)
中国・清時代 和泉市久保惣記念美術館蔵
浄瑠璃寺摺仏
(じょうるりじすりぼとけ) 
平安時代 和泉市久保惣記念美術館蔵
銅版微塵絵 萬国輿地略図 岡田春燈斎筆
(どうばんみじんえ ばんこくよちりゃくず おかだしゅんとうさい)
江戸時代 和泉市久保惣記念美術館蔵


狗子形目貫
狗子形目貫


常設展 茶のもてなし - 茶の湯と茶室 -

平成26年12月12日(金)~25日(木)
平成27年1月6日(火)~25日(日)
茶の席をいろどり、茶のもてなしを演出する茶道具。所蔵品の中から茶碗、茶入、釜、花生などの器物を中心に約70点を陳列します。また、当館に付設する茶室にも焦点をあて、本展に限り見学できる日数を増やして一般公開を行います。茶室の空間も合わせてお楽しみください。
展示予定主要作品
国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声
(せいじ ほうおうみみはないけ めいばんせい) 
中国・南宋時代
重文 黄瀬戸 立鼓花入 銘旅枕
(きせと りゅうごはないれ めいたびまくら)
桃山時代
重文 唐津 茶碗 銘三宝
(からつ ちゃわん めいさんぽう)
桃山時代
  丹波鉄釉茶入 銘山科
(たんばてつゆうちゃいれ めいやましな) 
江戸時代
  堆朱 柳下釣人図香盒
(ついしゅ りゅうかちょうじんずこうごう)
中国・明時代


丹波 鉄釉茶入 銘山科
丹波 鉄釉茶入 銘山科
 
重文 唐津 茶碗 銘三宝
(重文) 唐津 茶碗 銘三宝


常設展 物語の情景 - 源氏・伊勢・和泉式部 -

2月7日(土)~3月29日(日)
日本の古典文学を代表する「源氏物語」と「伊勢物語」を題材に描かれた屏風、掛軸、扇面画と、和泉とゆかりのある平安時代中期の歌人・和泉式部に関連する絵巻や歌集切など約40点を陳列します。また、百人一首を主題とする浮世絵版画の中から、紫式部や在原業平、和泉式部などを中心に関連場面を選び、合わせてご紹介します。
展示予定主要作品
重文 源氏物語手鑑 土佐光吉筆
(げんじものがたりてかがみ とさみつよし)
江戸時代
  伊勢物語貼交屏風
(いせものがたりはりまぜびょうぶ) 
江戸時代
  和泉式部物語
(いずみしきぶものがたり) 
室町時代末~桃山時代
  和泉式部集切 伝民部卿局筆
(いずみしきぶしゅうぎれ でんみんぶきょうのつぼね)
江戸時代
  小倉擬百人一首 歌川国芳・歌川広重・三代歌川豊国筆
(おぐらなぞらえひゃくにんいっしゅ うたがわくによし・うたがわひろしげ・さんだいうたがわとよくに)
江戸時代


和泉式部物語(部分)
和泉式部物語(部分)