美術館の概要 施設紹介 展覧会案内 イベント 利用案内 出版物 交通アクセス デジタル
ミュージアム



平成16年度の展覧会予定は以下の通りです。(展示内容については、変更される場合があります)
なお、各展覧会終了後は、展示替のための休館がありますので、ご注意下さい。年間展示カレンダーをご参照ください。
 




●平成16年度 展覧会案内
特別陳列 美のすがた
−久保惣コレクションの書画−


2004年4月3日(土)〜5月30日(日)
<前期4/3〜25・後期4/27〜5/30>

常設展 中国の陶磁器
−3世紀から19世紀まで−


2004年6月6日(日)〜8月1日(日)
特別陳列 中国の近代絵画
−定静堂コレクションの花鳥画−


2004年8月13日(金)〜9月23日(木・祝)
特別展 第四次久保惣コレクション
(久保恒彦コレクション)受贈記念
 浮世絵版画

−大阪のにぎわい 旅の風景−


2004年10月3日(日)〜11月28日(日)
常設展 茶の器
−茶の湯と煎茶 それぞれの楽しみ−


2004年12月11日(土)〜23日(木・祝)
2005年1月8日(土)〜30日(日)

常設展 源氏絵
−古典美への憧れ−


2005年2月27日(日)〜3月27日(日)

特別陳列 美のすがた
−久保惣コレクションの書画−

2004年4月3日(土)〜5月30日(日)
<前期4/3〜25・後期4/27〜5/30>

月曜休館
5月3日(月・祝)は開館し、6日(木)休館

当館が所蔵する日本、中国の東洋古美術のコレクションの中から、その核となる作品の国宝2点、重文28点をはじめとして約40点を陳列いたします。期間中展示替があります。

展示予定主要作品
国宝 歌仙歌合 平安時代(前期のみ)
国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声 中国・南宋時代
重文 枯木鳴鵙図 江戸時代(※4/18〜5/9展示)
重文 黄瀬戸 立鼓花入 銘旅枕 桃山時代



伊勢物語絵巻(鎌倉時代)
〈後期のみ陳列〉


常設展 中国の陶磁器
−3世紀から19世紀まで−

2004年6月6日(日)〜8月1日(日)
月曜休館
7月19日(月)は開館し、翌日休館

館蔵の中国陶磁器の中から、青磁 鳳凰耳花生 銘万声(国宝)ほか晋時代から清時代までの作品約80点を陳列いたします。

展示予定主要作品
青磁鉄斑 天鶏壺 中国・東晋時代
三彩 騎馬俑 中国・唐時代
国宝 青磁鳳凰耳花生 銘万声 中国・南宋時代
五彩 花鳥龍文盤 中国・明時代
青花粉彩 器玩図碗 中国・清時代


青花粉彩 器玩図碗



特別陳列 中国の近代絵画
−定静堂コレクションの花鳥画−

2004年8月13日(金)〜9月23日(木・祝)
月曜休館
9月20日(月・祝)は開館し、翌日休館

平成12年度に受贈した定静堂(ていせいどう)コレクションの近代中国絵画の中から、花鳥画にスポットをあてて陳列いたします。

展示予定主要作品
張道藩 水仙図 中国・中華民国時代
王甄 鷲図 中国・中華民国時代
謝稚柳 桃花山鳥図 中国・中華民国時代
斉白石 破荷睡蓮図 中国・中華民国時代
銭松嵒 東籬壽客図 中国・中華民国時代


花鳥図 沈廣筆




第四次久保惣コレクション(久保恒彦コレクション)受贈記念
特別展 
 浮世絵版画

−大阪のにぎわい 旅の風景−

2004年10月3日(日)〜11月28日(日)
月曜休館
10月11日(月・祝)は開館し、翌日休館

久保恒彦氏によって収集された江戸時代の浮世絵版画26件(約1260枚)が本年度和泉市に寄贈されたのを記念した展覧会です。名所や旅の情景をとおして江戸時代の風俗や情趣を味わっていただけます。

展示予定主要作品
歌川広重 東海道五十三次 保永堂版 江戸時代
葛飾北斎 丸枠東海道五十三次 江戸時代
歌川豊国他 東海道名所風景 江戸時代
一珠斎国員他 浪花百景 江戸時代


歌川広重 東海道五十三次 庄野




常設展 茶の器
−茶の湯と煎茶 それぞれの楽しみ−

2004年12月11日(土)〜12月23日(木・祝)
2005年1月8日(土)〜1月30日(日)
月曜休館
1月10日(月・祝)は開館し、翌日休館

茶の湯と煎茶、両方の世界で用いられ、大切にされてきた器物を選び、約70点を陳列いたします。

展示予定主要作品
国宝 青磁 鳳凰耳花生 銘万声 中国・南宋時代
重文 黄瀬戸 立鼓花入 銘旅枕 桃山時代
重文 唐津茶碗 銘三宝 桃山時代
紫泥 茶銚 萬豊順記 中国・清時代
青花 三友文茶碗 中国・清時代


紫泥 茶銚・青花 団花文茶碗 他





常設展 源氏絵
−古典美への憧れ−

2005年2月27日(日)〜3月27日(日)
月曜休館
3月21日(月・祝)は閉館し、翌日休館


「源氏物語手鑑」(げんじものがたりてかがみ)は土佐光吉によって描かれた近世の源氏絵を代表する作品です。全80面の中から「桐壺」から「夢の浮橋」までのストーリーに沿って、約50面を選び陳列いたします。

展示予定主要作品
源氏物語手鑑 土佐光吉筆 桃山時代
新三十六歌仙図 土佐光成筆 江戸時代
時代不同歌合絵 断簡 鎌倉時代


源氏物語手鑑 紅梅一 土佐光吉筆