×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > 浮世絵師 歌川派列伝―国貞・広重・国芳―
常設展

浮世絵師 歌川派列伝―国貞・広重・国芳―

2020年6月27日(土)〜9月6日(日)
浮世絵師 歌川派列伝―国貞・広重・国芳―

東海道(隷書東海道) 箱根 歌川広重

江戸時代の浮世絵界で最大流派となった歌川派は、江戸だけでなく上方の地でも活躍しました。本展覧会は、歌川派の祖である歌川豊春から初代豊国、広重の師である豊広の浮世絵をはじめとし、歌川派三羽烏と称された歌川国貞(三代歌川豊国)、歌川広重、歌川国芳がそれぞれ得意とした美人画、風景画、武者絵などを中心に展示します。幕末から明治時代にかけて歌川国芳の下での修行を経て浮世絵師となった落合芳幾や月岡芳年の作品や、上方の地で活躍した歌川広貞、歌川芳梅などの地域縁の浮世絵師たちの作品もあわせてご覧いただきます。

  

主な出陳予定作品
浮絵 浪花天満天神夜祭之図 歌川豊春 筆 江戸時代
江戸八景之内 日本橋夕照 歌川豊国 筆 江戸時代
東海道五十三次 箱根 歌川国貞 筆 江戸時代
東海道五十三次 保永堂版 箱根 歌川広重 筆 江戸時代
誠忠義士肖像 大星由良之助 歌川国芳 筆 江戸時代