×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > 地図 エクスパンション! 西洋古地図の世界
常設展

地図 エクスパンション! 西洋古地図の世界

平成30年6月9日(土)~7月29日(日)
地図 エクスパンション! 西洋古地図の世界

球形世界図 ペトルス・プランシウス 1594年

ヨーロッパの地図製作は16~17世紀にその隆盛を極め、アムステルダムからパリへとその中心地を変えながら発展していきました。新しい大陸を求めて海へ出た人々によって刻々と更新されていく地図は、人間が知覚している世界が外へ外へと大きく広がっていく様子をリアルタイムで当時の人々に伝えました。また、天文学や地理学の学問的な発展、表現技法の発展により、地図そのものの様相やそこに描かれるものも大きく変化していきます。タイトルのエクスパンション(Expantion[英])は拡大、拡張という意味を持つ語ですが、地図によって実際の世界が紙の上で拡張していくのにともない、まだ見ぬ世界に思いをはせる人々の想像が広がっていく様子も、地図に描きこまれた様々なモチーフから読み取ることができます。

16世紀から19世紀までの世界地図の展開とともに、地図とともに人々の世界観がどう変化して行ったのか、地図を読み解きながらたどります。

展示予定主要作品
東アジア図 オルテリウス 1570年
新世界図 ミュンスター.S 1571年
日本図 メルカトル・ホンディウス 1605年
球形世界図 ペトルス・プランシウス 1594年