×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−
常設展

ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−

2019年6月23日(日)〜8月18日(日)
ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−

「東海道五十三次 保永堂版 日本橋(初版)」歌川広重筆(江戸時代)

奈良時代に制作された世界最古の印刷物といわれる「木造 百万塔」に収められた陀羅尼経から、江戸時代の浮世絵版画や版本まで久保惣コレクションに収蔵される木版や銅版による印刷物を歴史的な展開をおって展示します。

平安時代の摺仏や、江戸時代初期の木活版本である嵯峨本、拓本の技法を応用した伊藤若冲の拓版画、司馬江漢の銅版画など、多様な技法で制作された版画をご覧いただきます。版本については、久保惣コレクションに加え、貝塚茂樹氏(京都大学名誉教授)、佐々木剛三氏(早稲田大学名誉教授)の旧蔵書もあわせて展示します。


※会期中展示替えを予定しています。


入館料

一般 500円、高校・大学生 300円、中学生以下無料

※ 団体(20名様以上)は2割引
※ 65歳以上は2割引
※ 各種障がい者手帳を提示された場合、本人及び介助者1名様は無料
※ 詳細については電話にてお問い合わせください

主な出陳予定作品
東海道五十三次 保永堂版 日本橋(とうかいどうごじゅうさんつぎ ほえいどうばん にほんばし)(初版・後版) 歌川広重 筆 江戸時代
市村亀蔵の五郎時宗(いちむらかめぞうのごろうときむね) 二代鳥居清信 筆 江戸時代
不忍之池(しのばずのいけ) 司馬江漢 筆 江戸時代
詠物史画(えいぶつしが)(佐々木剛三旧蔵書) 大岡春卜 筆 江戸時代
三國志(さんごくし)(貝塚茂樹旧蔵書) 林鵞峰 序 江戸時代