美術館の概要 施設紹介 展覧会案内 イベント 利用案内 出版物 交通アクセス デジタル
ミュージアム

施設紹介

バリアフリー情報



本館

展示室4室とラウンジがあります。そのうち3室の企画展示室は、特別展、特別陳列、常設展に用いられています。

本館ラウンジ
新館

平成10年4月に開館した新館には、2室の展示室があり、中国の工芸品と西洋近代美術を展示しています。ティールーム、ミュージアムショップなどがあります。入館受付は新館で行っています。

新館玄関
茶室

本館庭園内にある惣庵(非公開)と聴泉亭は、昭和12年、二代目久保惣太郎氏が、表千家不審庵、残月亭を写して建てた茶室です。本館と同時に和泉市に寄贈されました。
平成18年、国の登録有形文化財建造物に選ばれました。

聴泉亭
和泉市久保惣市民ホール(Eiホール)

収容数120席の音楽ホールです。ミュージアムコンサートなどの演奏会や講演会などの会場として用いられています。

ミュージアムコンサートの予定はこちら


ホール室内
和泉市久保惣市民ギャラリー

平成11年にオープンしました。絵画、書、陶芸、写真などの作品展、生け花展など、創作活動の発表の場として市民に活用されています。

ギャラリー展示風景
和泉市久保惣市民創作教室

平成11年にオープンしました。陶芸、油絵、日本画、染色、七宝焼、写真などの創作教室が開かれています。

創作教室外観
研究棟

平成18年、調査研究の充実をはかり、財団法人久保惣記念文化財団が建築し、市に寄贈されました。

研究棟外観